スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解決すべきはどっちなんやろ

うちのデイに、帰宅願望のある利用者さんがいらっしゃいます。

いつも、昼の2時頃になると決まって「もう帰るわ」と言い、立ち上がられます。

特養時代にも、同じように帰宅願望のある利用者さんはいらっしゃいました。

特養のその利用者さんは、何か不機嫌なことがあると、「もう帰ろう」「帰らせて」と言って職員のところへやって来られました。

話を聞いていると、昔の話へ移っていき、単に家に帰りたいという意味合いではなく、自分の輝いていた頃に戻りたいんだということが、すごく伝わってきていました。

ここは、私のいるべき場所ではない。そんなお気持ちだったように思います。

しかし、今日の帰宅願望の件については、ちょっと違うのかな?と思うことがありました。

話を伺うと、

「座っているだけなら帰るわ。家でせなあかん用事があるで。家の仕事やら、旦那の飯の仕度をせなあかん。」

と言われました。

これって、認知症の症状ではなく、一人の主婦として、一人の人間として、ごく当たり前の要求なのでは?と思います。

何もすることがないなら帰る。退屈だし、時間がもったいない。せないかんことは、山ほどある。

この場合に必要なのは、認知症への専門的関わりや専門的スキルではないですよね。

1対1の人間の関わりですよね。どこにでもある、ごく当たり前の人間関係の問題ですよね。

そして、どんな職場を作るのかという職員の問題や意識、職場環境の問題ですよね。

計画書の中にも解決すべき課題として、〝帰宅願望〟が取り上げられている。

本当に解決すべき課題なのは、職員の意識や職場環境なのではないか。



スポンサーサイト
プロフィール

りんご

Author:りんご
洋楽より邦楽。
激しいより穏やか。

洋画より邦画。
アクションよりヒューマニズム。

話し上手より聞き上手。
量より質。

器用より不器用。
言葉巧みよりバカ正直。

天才より努力家。
経験より直感。

子どもよりばあちゃん。
神様よりばあちゃん。

綺麗より可愛い。
可愛いより愛嬌。

専門より職人。
職人よりふつーの兄ちゃん。

「巧」より「極」。
そんなんが僕にぴったり。

毒舌で調子乗り。
でも悪気は全くない。

涙もろいし考えすぎ。
理論好きの研究熱心。

会話は常に質問型。
自分より相手中心が落ち着く。

趣味が仕事。
そんな気がしてきた。

仕事で遊ぶ。
仕事で感動。

真面目かつ大胆に。
そんなんが素敵。

ゆっくり穏やかに、素直にひたむきに、マイペースに笑顔で。

コブクロの「永遠にともに」は最強。
こんな生き方が理想。

一緒に幸せに。
感動を共感しよまいか。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキングはこちら↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。